Skin.net
食で美肌作り
食事による美肌作り

お肌にとって、スキンケアと同じくらい大切なのが、食事。食事により栄養を補給し、それが肌を作る素となります。私たちの身体は、言うまでもなく食物から栄養を摂って生きています。食事(食べ物)は身体をつくる材料であり、とり入れた栄養素を燃焼させて、はじめて身体を動かしたり、考えたりということが出来るのです。
生物の体は食物から消化器官を経て、栄養分を吸収し、血液が体のすみずみにその栄養分を運びます。「医食同源」という言葉がある通り、健康と食物は切っても切れない関係です。


現在、様々な情報が氾濫し、あるひとつの栄養素ばかりが注目されがちですが、栄養素は単独では生理的効果が期待されにくいということをまず把握しておきましょう。肌のために栄養をまんべんなく摂る必要があるのはもちろんですが、特に必要とされるものをご紹介いたします。
三大栄養素のひとつ、筋肉、内臓、骨、血など身体の土台を作っているのがタンパク質です(アミノ酸はタンパク質の構成要素)。以前は「炭水化物」として分類されていた糖質。筋肉が活動するときのエネルギー源や、脳の唯一の栄養源「ブドウ糖」の素となります。 脂質も身体にとって大切なエネルギー源のひとつ。細胞膜の材料になったり、脂溶性ビタミンの吸収に欠かせません。
上記の三大栄養素に「ビタミン」「ミネラル」を加えて五大栄養素と言われています。
三大栄養素がガソリンだとするとビタミン、ミネラルはオイルに例えられます。三大栄養素が十分に働くため、また身体をスムーズに活動させるために必要不可欠な栄養素です。ビタミンやミネラルは体内で合成することが出来ないため、毎日摂りいれることが必要です。

肌が生まれ変わるためにこの3点は必ず守っていただきたい点です。

1・タンパク質(肉・魚・大豆など)を毎日適量摂る
2・ビタミンA・B群・Cなどを毎日摂る。
3・抗酸化成分のある食材(トマト・ゴマ・りんごなど)を積極的に取り入れる。

スキンケアを助けるのはバランスの良い食事です。なるべく多くの食材を毎日の食卓に取り入れたいものです。

美肌を作る栄養成分

正しい食生活は欠かせません。身体に必要な栄養素がきちんと摂られていなければ、肌の健やかさは保てません。一見豊かに見える現代の食環境ですが、実はかなり問題ありです。なるべく早い時期に栄養についての正しい知識を得て、良い食生活を確立することが大切です。
ここでは美容面だけに的を絞って、美肌作りに必要な栄養素を紹介します。


栄養分

食材

効果

ビタミンA
カロチン

うなぎ、
緑黄色野菜、抹茶

トマト

細胞の新陳代謝を促し、組織を作る

ビタミンC

ブロッコリー、
葉野菜、フルーツ

ブロッコリー

活性酸素を抑え免疫力を高める。
美白効果

ビタミンE

植物性油脂、ナッツ、緑黄色野菜

ニンジン

酸化防止。ホルモン分泌を正常に。代謝の促進。

ビタミンB2

納豆、牛乳、豚肉、
レバー

牛乳

皮膚や粘膜を保護。ニキビ予防

ビタミンB6

玄米、ピーナッツ、
青みや赤みの魚

魚

皮脂分泌を抑える。


ビタミンCの抗酸化効果は、現代人にとって欠かせないもの。しかし真夏や季節の変わり目には、気候によるストレスが自律神経系に影響を及ぼし、身体の恒常性の許容量を超えてしまいます。そのためアレルギーや肌の抵抗力が落ちるなどの症状が出てくるのですが、ビタミンCが体内の免疫を高めることに優先して使われ、なかなか肌のほうにまわりません。意識してたっぷりと摂るようにしましょう。

日本古来の食事スタイルを

野菜はたっくさん食べたい食材。たとえ余分に摂っても身体に負担をかけることなく排出され、油を分解する助けになります。肉を食べたら、3倍以上の野菜を摂るように心がけましょう。海藻類もマグネシウム、カルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれていますので積極的に。また五穀や玄米などもサプリメント的に摂りたい食品。
自分でいろんな食材をまんべんなく使って料理し、栄養の偏りやすい外食やコンビニ食、ファーストフードを控えましょう。30年くらい前まで、日本の家庭の食卓で、普通に食べていた食事が良いお手本。食塩と穀物の取りすぎに注意すれば、ほぼ理想的。できるだけ日本食を心がけましょう。

内面から摂取する。サプリメントを有効活用

栄養は食品から摂取するのが基本ですが、忙しい現代社会では毎日栄養バランスを考えた完璧な食事をとるのは不可能に近いでしょう。
そこで気軽に栄養が摂取できるサプリメントで、必要な栄養素を補ってあげましょう。



Copyright2008(c) Skin.net All rights reserved.